歌への思い

歌への思い · 12日 4月 2019
「令和」の文字を取り囲む動物たちのイラスト
実際に悲しいときの歌や、 心身共に絶好調のときの歌よりも、  私の場合、ただ淡々、 よくもなく悪くもなく、 全て普通の状態ときの歌が、一番いいみたいです。 そういえば以前、 ものすごく調子の悪い時にステージがありまして、 終わった後、急に冷静になり、申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。 ご挨拶に伺うと、 常連のお客様が目をキラキラさせ、...
歌への思い · 31日 3月 2019
「ピアノで歌おう」初めての方のワークショップ終了後の様子です
【「ピアノで歌おう」初めての方のワークショップ】を開催させていただきました。 事前にお知らせいただいた歌の、歌唱お披露目会も兼ねる、ドキドキのワークショップです☆ このワークショップ、 以前、定期的にさせていただいていたランチライブでの「飛び入りコーナー」を、パワフル独立させた形の内容となっております。...
歌への思い · 10日 2月 2019
力士が子リス、子トラと手をつないでいるイラストです
稀勢の里関が引退されましたね。 寂しいですけれど、一番は「感動をありがとう」「これからを、また楽しみにしています」という思いです。 父が相撲ファンだったこともあり、子どもの頃からテレビで相撲をよく観ていました。 でも、その素晴らしさがわかるようになったのは、最近になってからです。 立ち会いから一瞬の間に勝負が決まる、その集中力。...
歌への思い · 04日 2月 2019
シャンソンコンサートで歌っている様子です
お部屋の掃除をしていたら、 写真が出てきました 1年ちょっと前の、ホールコンサートのときのものです シャンソンの先生が主催くださったコンサートで 「小さなピザ屋」という シャンソンオマージュ風のオリジナル曲を、歌わせていただきました 何事もそうですが、 いくばくかの時の流れの後に 写真や録音でその時のことをビビッドに思い出すと、...
歌への思い · 01日 11月 2018
天然だとおっしゃっていただければ、 多少気持ちが楽になりますが、 自分でも呆れるほど、ドジで抜けています すぐに落とす、なくす、ぶつかる、忘れてくる… 何が一番抜けているかを考えたら、 やはり 「間(ま)」でした いわゆる、ま(間)ぬけ。 それが先日のライブ後、お客様に声を掛けていただきました。...