プロフィール

天貝観姫 Amagai Miki

心の芯まで届く、ヒーリングボイスで、この世界を歌います。
耳にするだけで、心も身体も軽くなる…そんな響きで。

 シンガーソングライター。ボイスセラピスト。童話作家。心の専門家。

 

 切ないけれど力強い曲、また、ほんわか一風変わったオリジナル曲を得意とする。

 ポップス、シャンソン、ジャズは、既成の枠組みにとらわれない穏やかな歌い方が特徴で、いつまでも聞いていたい声とご評価いただいている。

 

 

 幼少期より音楽に親しみ、歌い手になる夢を胸に秘めつつ育つ。

 中学では吹奏楽活動に励む。担当楽器はオーボエ(独学)(テナーサックスから転向)。コンクールでは2年間ソロを担当し、金賞を受賞する。その後も音楽への夢は変わらず、学業が一段落した直後に、YAMAHAの通信教育の受講を開始。作詞・作曲を始める。

 発声法を山川高風、羽山茂樹、やぶなかいずみ、シャンソンを橋本康弘に師事。浜松シャンソンコンクール決勝大会2年連続出場。

 

 2004年より、都内近郊のライブハウス、レストラン、ホール、老人ホーム、各種イベント等へ出演。

 2013年にCDミニアルバム「種を蒔きました」、2014年にCDアルバム「Let'sプレイ!」をリリース。

  「童謡ジャズコンサート」の企画出演をはじめとし、親子で歌う「子育てママの息抜きワークショップ」や生ピアノ伴奏で声の魅力を引き出す「ピアノで歌おう」等、指導やセッションにも精力的に取り組んでいる。

 バンドでの助っ人ボーカル、ピアニストとのユニット、弾き語りなど、ステージも幅広くこなし、ミュージシャンからの信頼も厚い。最近ではYoutubeや広告動画でのナレーションなど、仕事の場を広げている。

 

 

 「心の中の子どもを響かせよう」がテーマです。

 動物、植物、もの、ヒト…属性、見た目、肩書等々全て取っ払えば、同じいのち同士。互いに生きている奇跡と喜びで響きあえるような、歌の世界を作りたいと考えています。ぜひ応援くださいね!

 

 

お客様からいただいたお声(一部抜粋)

 「長年の不眠症が治ったのでノーベル賞をあげたい」   

 「お母さんのお腹の中で聴いた声を思い出すような、そんな安心感がよみがえる」